911。

c0051376_22294647.jpg
311から半年。
911から10年。
どちらも、私にとっては忘れられない時となっています。
911の時は、ちょうど妹がNYを訪れていて、無事を確認したり、帰国するのにも時間がかかったりと、妹の顔を見てようやくほっとしたのを覚えています。

そして、311。
地震の恐怖から、目に見えない放射線への恐怖に変わり、今も、ずっとこれからも放射線のことを考えながら生きていかなければならないことになってしまいました。
たくさん泣いて、たくさん考えて、たくさん話し合って、その結果、私たち家族は郡山で暮らすことを選択しました。
家族がバラバラで暮らすことが、私たち家族にとっては、一番のリスクになると考えたから。
家族一緒に、笑って過ごせることが何よりも幸せです。
もちろん、ここにいて本当にいいのか不安になることも事実。
私たち家族の絆は一層深まり、より幸せって思えていることも事実。
放射線対策として、できることはやって、気をつけながらの生活を強いられるけど、笑って暮らせているからいいの・・・と今は思うのです。

[PR]
by minimini_shi | 2011-09-11 22:51 | かぞく