いつもの暮らし。                いつものごはん。


by minimini_shi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:かぞく( 19 )

10月。

c0051376_7154164.jpg

早いもので10月もおしまい。
2013年が終わってしまうと焦ってくる頃です。

10月は、群馬に住むオットの両親を誘って那須旅行に出かけました。
私の両親は、お隣さんなので毎日顔を合わせるけど、義両親と会う機会を数えたら、年間5~6回くらい?
子ども達と会える機会をなるべく作ろうと思いました。

11月最初の連休。
群馬の実家へ行ってきます。
[PR]
by minimini_shi | 2013-11-02 14:24 | かぞく

2月。

c0051376_21322030.jpg

私たち家族のイエが出来上がりました。
2011年の東日本大震災、台風による床上浸水・・・と相次ぐ困難にぶつかり、昭和なアパルトマンでの借り暮らしからの脱出。
ようやく自分の居場所ができました。
建築家であるオット設計のイエです。
[PR]
by minimini_shi | 2013-09-11 21:28 | かぞく

すっかり冬に。

c0051376_1936652.jpg
あっという間に12月。
今日は、朝から雪の日曜日。
本格的な冬がやってきたなぁという感じです。

我が家はというと、先月の23日あたりから、風邪菌にやられっぱなし。
長女がお熱→次女がお熱→私が喉の痛みと鼻水→次女が鼻水とゼーゼー→私がお熱→次女のゼーゼーが長引き検査すると、RSウイルス陽性→長女がお熱(現在進行形)
こんな感じで、子ども達と私を行ったりきたり。
小児科と内科通いの日々で、すっかりひきこもりです。
たった一人、今のところ無事なオット。
最後にひどい目にあわなきゃいいけどね。

つづき・・・
[PR]
by minimini_shi | 2012-12-09 20:17 | かぞく

ムスメから。

c0051376_8212616.jpg

昨日のパパの誕生日にムスメが描いた絵。
次女が、私の背中に。
ちっちゃ。(笑)
自分はとびっきりかわいく描くのよね。
[PR]
by minimini_shi | 2012-07-04 09:05 | かぞく

2012はじまり。

c0051376_10375175.jpg

2012年がはじまりました。
贅沢は言わないから、昨年よりはいい年であってほしいと願うばかりです。
赤ちゃんのいる生活は、自然と笑顔になれて、自然と優しい気持ちになれる、ゆったりとした時間が流れています。
ただ、夜の授乳&寝かしつけは過酷。暗闇の中で、お目目ぱっちり、らんらんと輝かせている赤ちゃん。私の魂は吸いとられていきます。(苦笑)
手足もずいぶんとバタバタさせるようになり、泣き声もすごくて。あっという間に大きくなってしまいそう。
ゆっくりでいいんだよ。ゆっくりで。

1月4日は、長女の6歳の誕生日でした。妹が産まれてからはお姉さんぶりを発揮中。姉妹で遊べる日が、楽しみです。
ちょうど、私もめでたく床上げとなったので、赤ちゃんを預けてランチへ。久しぶりに外の空気を吸えて、リフレッシュできました。

こんな感じで、2012年のスタートを切った我が家。
今年もよろしくお願いします。
[PR]
by minimini_shi | 2012-01-05 16:23 | かぞく

さよなら2011。

c0051376_15292790.jpg

2011年も大晦日を迎えました。
悪い夢でもみているのかと思うほど、辛いことばかりだった2011。
命の尊さや、絆を改めて考える1年でもあったように思います。
福島の大地に育ててもらった、ワタシ。
そんな故郷が、世界のフクシマになってしまった現実。
悪い夢であったら・・・と何度思ったことか。
そんな、普通ではない暮らしを強いられた我が家に、次女が産まれたこと。
元気な産声を上げて、誕生してくれた小さな命は、大きな支えとなってくれています。
もうすぐ6歳になるお姉ちゃんも、妹に会える日を待ちわびていました。
困難ばかりの2011年だったけど、新しい家族の仲間入りで、笑って年を越せそうです。

皆さまも、よいお年を。
[PR]
by minimini_shi | 2011-12-31 15:32 | かぞく

911。

c0051376_22294647.jpg
311から半年。
911から10年。
どちらも、私にとっては忘れられない時となっています。
911の時は、ちょうど妹がNYを訪れていて、無事を確認したり、帰国するのにも時間がかかったりと、妹の顔を見てようやくほっとしたのを覚えています。

そして、311。
地震の恐怖から、目に見えない放射線への恐怖に変わり、今も、ずっとこれからも放射線のことを考えながら生きていかなければならないことになってしまいました。
たくさん泣いて、たくさん考えて、たくさん話し合って、その結果、私たち家族は郡山で暮らすことを選択しました。
家族がバラバラで暮らすことが、私たち家族にとっては、一番のリスクになると考えたから。
家族一緒に、笑って過ごせることが何よりも幸せです。
もちろん、ここにいて本当にいいのか不安になることも事実。
私たち家族の絆は一層深まり、より幸せって思えていることも事実。
放射線対策として、できることはやって、気をつけながらの生活を強いられるけど、笑って暮らせているからいいの・・・と今は思うのです。

[PR]
by minimini_shi | 2011-09-11 22:51 | かぞく

救急の日。

c0051376_227941.jpg
9月9日は、救急の日。
寿泉堂綜合病院で、救急蘇生法の講習が受けられるイベントがあったので、出かけてきました。
講演会には、なるべく足を運ぶようにしているけど、実技を伴う講習は、数年ぶり。
小児と成人の救急蘇生法、両方をはしご。
以前受けた時は、AEDがない時代だったので、AEDの体験ができたことは、よかった。
一般人向けにできているので、操作はものすごく簡単。
福島県内では、救急車が到着するまで平均7分かかるそう。
その間に、AEDが必要であれば使用し、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を続けることで、助かる命があるということ。
医師でも看護士でもなくても、私でも何とかなるかもしれない。
そう思うと、救急蘇生法の勉強は、本当に大事なものだと痛感しました。
参加者で、救急車到着までの7分間を想定し、胸骨圧迫の訓練。
短いようで長い7分。
へとへとでした。

できれば、救急車のお世話になるようなことが起きないことが一番だけど、万が一の時は、私が家族を守る!と思い、勉強してきました。
忘れないように、機会があれば、どんどん参加していきたいです。

[PR]
by minimini_shi | 2011-09-09 21:59 | かぞく

引率。

c0051376_20432928.jpg
待ちに待った日曜日。
先週休めなかったので、パパとデートしたいムスメは指折り数えてこの日を待ちわびていました。
「ママは来ないでねー。」なんて言われちゃったけど、運転手兼、カメラマン兼、お財布係としてついていきました。



つづき・・・
[PR]
by minimini_shi | 2011-09-04 22:38 | かぞく

夏のおわりに。

c0051376_20493124.jpg
ここ数日、朝の空気が秋めいてきました。
だいたい、AM4時前後に目が冷めて、オットとムスメに毛布をかけてあげるのが日課になりつつあります。
昼間も、からっとしていて気持ちがいい。
それなのに、目に見えないヤツが存在していると思うと、ふらふら出歩くのもなーと。

こんな夏の終わりに、幼稚園のお友達のお宅で、宅飲みをしました。
パパも参加して、子ども達はお風呂に入ったり、花火をしたり。
今シーズン最初で最後の手持ち花火。
楽しい夜でした。



つづき・・・
[PR]
by minimini_shi | 2011-08-30 21:04 | かぞく